1. HOME
  2. 特集
  3. ゆったり贅沢

関連プラン

気軽にロングステイ 気軽にロングステイ
「涼・山・泊(りょうざんぱく)」 北竜湖エリア~3泊~
信州いいやま 夏のロングステイ 出発日:2016年7月 1日~2016年9月30日 3泊4日 21,000円
のんびり過ごす のんびり過ごす
「涼・山・泊(りょうざんぱく)」 なべくらエリア3泊~
信州いいやま 夏のロングステイ 出発日:2016年7月 1日~2016年9月30日 3泊4日 18,000円
のんびり過ごす のんびり過ごす
「涼・山・泊(りょうざんぱく)」 市街地エリア3泊~
信州いいやま 夏のロングステイ 出発日:2016年7月 1日~2016年9月30日 3泊4日 18,000円

憧れの里山で暮らすように
楽しむ長期滞在プラン

「久しぶりにのんびりできました」と、長期滞在の旅でなにより嬉しいのは、都会の喧噪から離れ、ゆっくりと流れる時間に身をまかせ「なにもしない贅沢」を味わえること。予定も立てず、その日の気分で気ままに過ごす。かねてから興味のあったアクティビティにチャレンジする。美しい自然と静寂の中で自分自身を見つめ直し、心身をリフレッシュする。そんな充実した時間、滞在空間を味わえるのが長期滞在の魅力です。
飯山市内には、豊富な自然体験プログラムを提供するアクティビティを多数ご用意しています。また、周辺市町村には数多くの温泉地、観光スポットが点在しており、足を延ばせば日本海も約1時間で行くことができます。2015年春には、北陸新幹線飯山駅も開業し、首都圏からのアクセスも格段に向上し、まさに自分の別荘へ行く感覚で長期滞在することができます。
ゆったりとした時間の中で、自分らしい過ごし方を探してみませんか。

サマーシーズン
たとえばこんなロングステイ

  1. 1日目 なべくら高原で癒しの時間を

    ロングステイの初日は、ブナの天然林に包まれてゆったりとくつろぎましょう。なべくら高原・森の家にある遊歩道「ブナの里山こみち」を散策。深い森に抱かれて、心身ともにリフレッシュ。

  2. 2日目 斑尾高原でアクティビティ三昧

    2日目はちょっとアクティブに!多彩なプログラムから自由に組み合わせて楽しめる「斑尾パスポート」を購入して、ファミリーゴルフや陶芸体験など、童心に戻って1日中遊んでみては。

  3. 3日目 秋山郷で温泉めぐり

    ロングステイも中盤。秘境ともいわれる秋山郷へ今日はドライブ。大自然に囲まれた露天風呂を巡り、鳥甲山や苗場山の眺望を満喫。温泉の合間には囲炉裏で焼いた新鮮なイワナも味わえます。

  4. 4日目 ちょっと足をのばして日本海へ!

    一路、海へ向け出発。新潟県に近い飯山ならでは、そしてロングステイだからこそ楽しめる遊び方です。海辺で読書をした後、ランチは新鮮な海の幸に舌鼓。そんな優雅な1日はいかが?

  5. 5日目 志賀高原で絶景を楽しむ

    前日の海から一転、可憐な高原植物が咲き乱れる標高2000mの志賀高原へ。横手山頂までリフトで登れば、北アルプスの絶景が広がります。青い空の下、雄大な自然を眺めてみませんか。

  6. 6日目 みずみずしい野菜を収穫!

    最終日は野菜の収穫体験に挑戦! 肥沃な大地と清らかな水、そして農家の人達が丹精こめて育てた飯山の野菜は絶品。抱えきれないぐらいのお土産と6日分の楽しい思い出を持ち帰りましょう。

スノーシーズン
たとえばこんなロングステイ

  1. 1日目 長い滞在初日は温泉でのんびりと

    ロングステイの到着日は、温泉でゆっくりするのがおすすめ。いいやま湯滝温泉では、千曲川の流れを眺めながら、雪見露天風呂を堪能できます。

  2. 2日目 斑尾高原でスキーを満喫!

    朝から快晴でまさに今日はスキー日和!昨日の雪のおかげでゲレンデはパウダースノーです。昨日の分まで思いっきり滑って、雪山を楽しんでください。

  3. 3日目 野沢温泉で外湯めぐり

    昨日一日スキーをして疲れた体を温泉で癒やしましょう。村の人が通う外湯をめぐるもよし、温泉饅頭を食べながら温泉街を歩くもよし。

  4. 4日目 なべくら高原でスノーシュー!

    ゆっくりと体を休めた翌日は、やっぱりアクティブに森へ。雪に覆われた静かなブナの森の中をスノーシューで歩いていると、普段味わうことのできない贅沢な気分になります。

  5. 5日目 温泉好きなスノーモンキーを見に

    滞在も残りわずか。温泉に浸かる猿として有名なスノーモンキーを見に地獄谷野猿公園へ出掛けてみては。こんなに間近で歩き回っている猿は、なかなか見られないですよ。

  6. 6日目 信濃平でかまくら体験を

    飯山を離れる前に、雪国ならではの体験を。信濃平に1月下旬から期間限定で現れるかまくらの中で、飯山の食材たっぷりの「のろし鍋」をいただいて旅の思い出にしませんか。

特集のトップに戻る