1. HOME
  2. 特集
  3. 信越トレイル

関連プラン

信越トレイル 信越トレイル
夏限定!楽々!ガイドと一緒に斑尾山山頂へ行こう!
車で限界まで上がるからトレッキング初心者大歓迎! 出発日:2016年7月 1日~2016年9月24日 1泊2日 11,600円
自然を歩く 自然を歩く
「戸狩トレイルⅠ」不動滝探索トレッキングと笹ずし作り
ガイドと行く戸狩トレイル 出発日:2017年6月 1日~2017年10月30日 1泊2日 15,600円

長野・新潟の県境の尾根に位置する
全長80kmの国内屈指のロングトレイル。

ロングトレイルイメージ

長野・新潟の県境に位置する関田(せきだ)山脈の尾根上に延びる全長80kmの国内屈指のロングトレイル。ブナ林に育まれた山道で、かつては信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠道が存在し、越後からは塩や海産物が運び込まれ、信濃からは内山紙や菜種油が運ばれました。また、戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に兵を連れて峠越えをしたとも言われています。この自然環境と文化を守りながら、山と人とのかかわりを後世に伝えていくことを目的として、1996年の調査段階から、2004年に整備が始まり、合計8年の歳月を経て、2008年9月13日に全線80kmが開通しました。

信越トレイルサイトへ

自然を楽しむ

「トレイル」とはもともと山の中の「けもの道」のこと。関田山脈は、標高1,000m程度にもかかわらず冬季は積雪が5メートルを超える豪雪地帯のため、今まで人の手が入らず、厳しい自然を守り抜くブナの森や貴重な植物などが守られてきました。トレイル適期は残雪の残る春5月から紅葉の終わる11月中旬までで、春の残雪と新緑の鮮やかなコントラスト、可憐で希少な山野草、盛夏の森の涼風、秋の紅葉のブナ林と、四季折々の美しい表情を楽しむことができます。

木の芽イメージ

初心者から上級者まで

全長80kmに及ぶ信越トレイルは、6つのセクションに分かれており、距離や標高差などもさまざまなので、本格的なトレッキングから初心者の方まで、自分の体力、経験に合ったコースが見つかります。全行程を制覇するには、一般的には5泊6日の行程が必要ですが、滞在しながら全行程に挑戦したり、1シーズンに1 セクションずつトレッキングしたりと楽しみながらチャレンジできます。また、熟練した信越トレイルガイドに案内してもらうこともできるので初心者でも安心。ガイドと歩くことで、安全なことはもちろん、自然や歴史、ふもとの人々との生活のつながりを学びながら歩くことができるのも魅力です。

欧米などには世界的に有名なロングトレイルがたくさんあり、気軽で本格的なネイチャースポーツレジャーとしてファンも多いのですが、日本では山歩きといえば、従来は山頂を目指す登山スタイルが圧倒的で、歩くことに主眼を置いたトレッキングはあまり存在しませんでした。しかし、近年、健康ブームの高まりとともに、トレイルの保全の大切さや歩くことの楽しさが認識されるようになっています。

トレッキングイメージ

達成感を味わう


全線踏破勝証

全長80km、6セクションは、比較的車道に近い場所からアプローチできるのが特徴で、コースごと宿泊施設も点在しているので、気軽に足を踏み入れることができます。
信越トレイルクラブで紹介した宿に宿泊すれば、登山口、下山口への送迎つき。また、いくつもの道路が交差しているので、さまざまな地点からスタート、ゴールに設定が可能で、時間やプランにあわせ、日帰りでも十分楽しさが味わえます。しかし、決して短くないコースだからこそ、全線踏破した時の感激もひとしお。

トレッキングイメージ

特集のトップに戻る